【Vol.234】今月のひとこと

岡本和久
岡本 和久 CFA, FIWA

「神よ、変えることのできない事柄については冷静に受け入れる恵みを、変えるべき事柄については変える勇気を、そして、それら二つを見分ける知恵をわれらに与えたまえ」これはアメリカの神学者、ラインホルド・二―バー(1892~1971)が1943年にマサチューセッツ州の教会で行ったといわれる講演の一部です。まさに「生き方」に関する素晴らしい言葉だと思います。そして、生き方への示唆は資産運用を実践する上で理解すべき重要な事柄でもあります。

資産運用ではコントロール「できること」と「できないこと」があります。コントロールできないことの代表は「リターン(収益率)」です。リターンが思い通りにコントロールできれば何の苦労もありません。しかし、コントロールできることもあります。それらはリスク、コスト、資産配分です。これらは自分の意思で変化させることができるのです。

リスクというのは不確実性です。一銘柄だけ持っていると株価の振れ幅は大きい。しかし、保有銘柄を増やしていけば株価の動きがお互いに相殺しあって振れ幅はマイルドになります。

コストはまさに資産の流出です。当然、投資をするにはコストが掛かります。本当に意味のあるサービスや商品を買うのはよいのですが、そうでないことも多いのです。また、税金もコストです。非課税口座があるのに課税口座で投資をしてしまう。

そして資産配分というのは株式のようにリターンの変動の大きい商品を資産全体のなかでどれぐらい保有するかという決断です。例えば株式を多量に持ってしまうと、資産運用の長旅の途中で暴落などに遭遇すると大きなダメージを受けてしまいます。しかし、変動の小さい投資対象ばかりを持つとリターンもゼロに近づきます。つまり、安全を重んじるとリターンは小さくなる。しかし、高いリターンを狙うとリスク(不確実性)も大きくなる。これがよく言われる「リスクとリターンの関係」です。ですから、自分のとれるリスクにあった資産の構成を組むことが必要なのです。これが資産配分です。

リスク、コスト、資産配分はコントロールできます。そしてコントロールできることをしっかりコントロールして出てくる答えがリターンなのです。つまり、リターンは自分の投資行動の結果だと言ってもいいでしょう。

FWA®からのお知らせ・セミナー予定

FIWA®マンスリー・セミナー #201

開催形式          On Line
開催日時          6月19日 12:30~15:30
講演・講師       
岡本 和久 「しあわせ持ちへのロードマップ⑥お金と心」
市岡 繁男氏「次はこうなる~グラフで読み解く相場の過去、現在、未来」
備考     お申込みは開催日の三週間前より以下のサイトにて承ります
https://happymoney.stores.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FIWA®マンスリー・セミナー #202
開催形式 On Line
開催日時 7月17日 12:30~15:30
講演・講師
「大人と子供のためのハッピー・マネー®教室」
挨拶:社会にでて本当に役立つ学びとは 岡本 和久
講演:ボクらの日本一周どんぶらこ~きびだんご配って四千里 (石井 総一郎氏)
講演:庭の草を食べて生き延びた極貧からの脱出ストーリー (土井 広文氏)
講演:高校時代は「世の中大学」への入り口 (岡本 和久)
質疑応答:何でも聞いてみよう&人生相談
備考 参加費 無料
お申込みは info@i-owa.com (担当:田辺)まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FIWA®マンスリー・セミナー #203
開催形式 On Line
開催日時 8月21日 12:30~15:30
会場 On Line
講演・講師 岡本 和久 「アメリカ証券市場史(仮)」
尾藤 峰男氏「バークシャー・ハサウェイ年次株主総会に出席して」」
備考 お申込みは開催日の三週間前より以下のサイトにて承ります
https://happymoney.stores.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━